イベント情報

開催終了ワークショップ「益子 × ATELIER MUJI GINZA の陶器を作ろう」

【中止のお知らせ】
このたびの新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、お客様、及びスタッフの健康と安全を考慮し、本イベントを中止とさせていただきます。
急な変更によりご迷惑をお掛けしますこと深くお詫び申し上げます。
何卒ご理解とご了承を賜りますよう、お願い申し上げます。

ATELIER MUJI GINZA
----------------------

益子の陶芸家と、ATELIER MUJI GINZAが編成したデザイナーを含むチーム、計11名は、2019年に益子の新たなスタンダードを模索するワークショップを開催しました。そこで考えたのは、専門技術がなくても成形が可能な10のメソッドです。
そのメソッドを使って銀座で益子の器作りを楽しんでみませんか? 
当日は、益子の陶芸家2名が成形を指導。作品は講師陣が益子町へ持ち帰り「清窯」で焼成します。さて、どんな仕上がりになるのでしょうか?
益子町と銀座の架け橋ともなる本ワークショップ、ふるってご参加ください。 
開催日時:
2020年2月23日(日)
会場:
無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA
定員:
各回10名
参加費:
6600円
講師:
大塚 一弘、川島 郁朗

大塚 一弘

1969年父である故大塚清章が生まれ育った益子町道祖土に窯を築く。1989年に「清窯」二代目として、一弘が清章の跡を継ぎ現在に至る。伝統を受け継ぐ益子焼を制作しながら、益子焼の可能性を広げる新しい表現に挑み続けている。

川島 郁朗

1980年 栃木県栃木市生まれ

2004年 東北芸術工科大学 美術科

工芸コース金工 卒業

2004年 高内秀剛氏に師事

2010年 益子町にて独立・築窯