イベント情報

開催終了オープニングトーク
『MUJI For Public Space 』展
-街をもっと楽しむための100のアイデア-

オープニングトーク
『MUJI For Public Space 』展 -街をもっと楽しむための100のアイデア-

『MUJI for Public Space』展より企画協力の建築家、元木大輔さんをお招きしトークイベントを開催いたします。第一部では、元木さんのデザイン思考、公共空間をデザインするということ、街を楽しむアイデアなど、展覧会にまつわるお話を伺います。第二部では、「マチとヒトとモノ」をつなぐ、をテーマに活動されている「銀座ひと繋ぎプロジェクト」代表の斎藤大地さんといっしょに、銀座の街をさらに楽しむアイデアの具体的な実現を目指し、トークを展開します。

本展覧会では、無印良品のプロダクトや街を素材と捉え直し、さらに街を楽しむアイデアをご紹介。
街路樹がレストランに、歩行者天国がビーチや陸上競技場に!?銀座の街を舞台に、元木さんのアイデアはどんどん膨らんでいきます。
街をもっと楽しむきっかけは、自らがコミットすることで始動します。
どなたさまもご自由にご参加いただけます。皆さまのお越しをお待ちしております。
開催日時:
2022年12月2日(金)19:00-21:00

会場:
ATELIER MUJI GINZA Salon

定員:
予約不要

参加費:
ワンドリンク制

ゲスト:
元木大輔さん(本展企画協力/建築家)
斎藤 大地さん(銀座ものひと繋ぎプロジェクト 代表)

動画アーカイブ:

元木大輔 Daisuke Motogi

DDAA/DDAA LAB代表。CEKAI所属。Mistletoe Community。シェアスペースhappa運営。東京藝術大学非常勤講師。
1981年埼玉県生まれ。2004年武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後、スキーマ建築計画勤務。2010年DDAA設立。
2019年、コレクティブ・インパクト・コミュニテイーを標榜し、スタートアップの支援を行うMistletoeと共に、実験的なデザインとリサーチのための組織DDAA LABを設立。
2021年第17回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展参加。
https://dskmtg.com

斉藤大地(「木挽町よしや 三代目」「銀座ものひと繋ぎプロジェクト」代表)

東京・銀座生まれ。歌舞伎座路地裏にある創業100年目の和菓子店「木挽町よしや」の三代目として、先代の味と技術を守り伝えている。 2020年からコロナによる苦境を街の絆で乗り越えようと、老舗商店などが物々交換を繰り返しながら街の魅力を発信する「銀座もの繋ぎプロジェクト」を立ち上げ、代表を務める。 銀座の老舗商店から大手企業、ホテル、個人デザイナーまで、開始から4ヶ月で100商店以上が参加。 さまざまな業種へと絆の輪が広がっている。 現在は「銀座ものひと繋ぎプロジェクト」として進行中である。
https://monotsunagi.jp/