イベント情報

開催終了【見逃し配信公開中】
デザイントーク
「ふつう」ってなんだろう?

デザイントーク 「ふつう」ってなんだろう?

ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、
Rethinking Anonymous Design – 名前が消えるとき 展を開催中です。

今年『ふつう』(D&Department Project刊)を上辞されたプロダクトデザイナー、深澤直人さん。
気負わぬ装いの本には、気負わぬデザインの話が詰まっています。
「ふつう」とはカタチなのか、感覚なのか、生き方なのか?
分かりそうで分かりにくい、ふつうのあり方。
「匿名であることは、とくに日本で評価されている。デザイナーの仕事と矛盾しているようで、そうでもない」と深澤さんは考えます。
柳宗理さんが語った「アノニマスデザイン」から、深澤さんとジャスパー・モリソン氏が、2006年にAXISギャラリーで開催した「スーパーノーマル展」のこと、さらに無印良品の仕事から、『ふつう』の本の話まで…。デザインの最前線に立つデザイナーが「ふつう」を語ります。

開催日時:
2020年11月4日(水)19:00-20:00

会場:
ATELIER MUJI GINZA Online(オンライン配信)

定員:
なし(事前予約の必要はございません)

参加費:
無料

登壇者:
深澤直人(プロダクトデザイナー)

聞き手:
田代かおる(ライター、キュレーター)

参加方法:
本イベントは終了いたしました。下記URLより見逃し配信を公開中です。

動画視聴URL:
https://youtu.be/WPEtDpwemp0
*ATELIER MUJI GINZA公式 Youtubeページに移動します。

登壇者

深澤直人 (プロダクトデザイナー)


卓越した造形美とシンプルに徹したデザインで、国際的な企業のデザインを多数手がける。 英国王室芸術協会の称号を授与されるなど受賞歴多数。2018年、「イサム・ノグチ賞」を受賞。 多摩美術大学教授。日本民藝館館長。

聞き手

田代かおる (ライター、キュレーター)


日本とイタリアを拠点に、デザイン・建築の取材執筆、展覧会キュレーションを行う。ATELIER MUJI GINZAでは、デザイナー、エンツォ・マーリが提案した「栗の木プロジェクト」を継承し、永井コレクションの展示や現代クリエイターの企画展を進行中。